長崎、思案橋にてひとり立ち飲む(タチノミニストin 思案橋)

グラバー園を出て、路面電車に乗って思案橋という駅に向かいました。

これは翌日に撮影した写真

今回の宿は楽天トラベルアワード2年連続受賞した、フォルツァ長崎です。

 

すみません、室内の写真を撮るのを忘れていました。。。

とにかく快適です。寒かったのですが、フロントにコーヒーサーバーがありまして、ここのホットチョコレートが美味しくて。寒い身体に染みました。

シャワーを浴びてさっぱりしたところで思案橋にでかけます。

ウィキに載っている画像ではこんな感じでしたが、当たらずといえども遠からず、どこか十三と似ている感じがして、こういう昭和な街は不思議と落ち着きます。ホームで飲んでいる気になりますね。

 

まず一軒目、雲龍亭さん本店です。ここは餃子が美味いらしいです。

雲龍亭 本店(食べログ)

https://tabelog.com/nagasaki/A4201/A420101/42000060/

ここ、美味いです。マジで美味しいです。これで二人前。モチモチした皮と中の餡がすごくいい感じに絡んでいて餃子ファンなら食べて損はない一品だと思います。

混んできたので、サクッと食べて次に行きます。

 

次も事前情報で調べていた、長崎料理のお店、一二三亭さんです。

一二三亭 思案橋店(食べログ)

お母さんが3人ぐらいっでやってらっしゃるお店です。僕が入った時は東京?から来られていたお客さんと地元のお客さん(どちらもおひとり様)がいろんなお話をされていました。まずはビールでお惣菜を2つほどいただきます。これ、写真はナスの煮浸しなんですが、これがもう絶品で。こういうなんでもない料理が全て美味しい。

最後に、名物のおじやをいただこうと注文終わったときに、6名ぐらいの団体さんが来られたのですが、みなさんおじやでした。締ラーメンならぬ、締おじやです(笑)

その後も締おじやを食べに来るお客さんが続々と入ってこられます。思案橋では締に一二三亭のおじやが定番なのでしょうか。

 

昼間、歩き疲れたところにアルコールが入ったからか、ちょっと酔っ払いました。勢いに任せてもう一軒行きます。

 

立ち呑みたたんばぁ

通りすがりで入ってみました。すみません、酔ってたので画像ありません。最初は入口近くで飲みながら、先客が終わると奥に詰めていくスタイルです。よく出来ています。この方法なら間に入ってもらう必要もなく、効率的にお客さんに入ってもらうことが出来ますね。

店主とお話しながら飲んでました。関西弁で注文したので珍しかったそうです。ここの店主さん、月に二回、大阪の立ち呑みに行っていろいろと研究しているそうで、天満福島の立ち呑み屋さんを研究されてました。

一見さんでも全然問題なく入れるお店です。店内は常連度は高いですが、所詮は立ち呑み。ワイワイした雰囲気が嫌いでなければ暖簾をくぐってみる価値はあると思います。

 

長崎の夜の感想

思案橋は特に、常連度が高いお店が多い感じがしましたが、それは十三でも梅田でも同じこと。通いたいお店は地元の人が行ってます。旅の醍醐味は、そういう地元の人が行くようなお店のドアを開けてこそですよね。ここに出てくるお店はどこも、長崎の言葉が店内に溢れてます。長崎に来た~って感じになれますよ。もちろん、コスパも良いことは体験済み。ぜひ行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA