日本チームは、強烈に強いビジョンを持ってたんじゃないかな

Russia 2018 World Championship Theme Banner.

昨日のワールドカップサッカー日本代表VSポーランド戦の後半10分の日本の闘い方について、試合終了後からずっといろんな意見が飛び交ってますね。

やれ侍魂がないだの、恥ずかしくないのかだの、そんなことまでして勝ちたいのかというような批判的な意見がある一方で、セオリーとしては当然だとか、決勝Tに進めるんだからいいじゃないかというような擁護派意見まで。

僕も最初は、『おいおいおい、頼むよ点取りに行こうよ。点取らないと勝てないよ!』と思ったのですが、最終的に試合が終わる間際になって、

『どっちに転んだって負けたら吊るし上げられるんだったら、残り10分で点を取れる可能性と、コロンビアが守り切る可能性を天秤にかけたら、コロンビアが守り切る可能性が高い』と西野監督は判断して長谷部を投入して守らせたんだろうな。ってことでした。

決勝で勝つことに対して微塵も疑わず、そのためにわざとリークしてまで主力を温存してスタメンを入れ替えて望んだのです。たぶん。

予選を突破するだけなら、スタメン入れ替えずにここ一番にかけたでしょう。それをせず、決勝Tでは初戦でイングランドかベルギーに当たるから、主力を温存して絶対に勝ち上がるための決断をしたのだと思います。そこにはそこまでして勝ちたいという覚悟と、強烈に強いビジョンがあったはずです。

魂とかダサいとかセオリーとかルールとかどうでもいいんですよ。

決勝Tで勝ち上がるために今までやってきたんだから、そのためには何だってするんです。それだけなんです。それでいいんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA