ふらっと男のひとり旅 鹿児島2~ピーチで鹿児島はレンタカーがベスト~

鹿児島は1日で回るには広すぎる!だから早朝が狙い目

鹿児島に8時過ぎに着いたら、さっそく予約しておいたレンタカーを借りるべくレンタカー会社に向かいますが、空港にはフロントがありません。(各社合同のフロントになってます)

空港を出たら、すぐに高速バス乗り場があります。

これを右手の方にてくてく歩いていきますと、これがあります。足湯。

足湯を過ぎて、200メートルぐらい行ったところにバス停?レンタカー送迎バス乗り場がありますので、そこで待っていればワゴンタイプの車がやってきて、乗せてくれます。

今回は前日の夜に楽天トラベルで申し込んだので、まだ営業時間をいちども経過せずに車があるのかちょっと心配だったのですが、無事に?用意してくれてました。すごい。

諸々手続きをしまして、いざ出発。

まず最初に向かったのは、仙巌園!渡辺謙さん演ずる島津斉彬公が愛した、島津家の別荘地です。ここから桜島を見たいのです!

高速に乗ってどっかで降りましたw(ナビのとおりだったので忘れました)

国道を走ること3~40分ぐらい?で到着です。

画像をたくさん載せておきますので、雰囲気を感じ取ってください。

ちなみに桜島は台風の接近のために雲に隠れておりました。

 

仙巌園について

名勝、仙巌園ほ公式HPはこちら

仙巌園は、万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた別邸です。錦江湾や桜島を庭園の景観にとりいれた、雄大な景色が仙巌園の最大の魅力です。幕末の名君、28代島津斉彬がこよなく愛し、徳川将軍家に嫁いだ篤姫も足を運びました。 また、南の玄関口といわれた薩摩の歴史・風土にふさわしく、中国文化の影響が色濃く見られることが仙巌園の特色の1つです。さらに温帯と亜熱帯の境に位置することから、数多くの珍しい植物が植えられています。

 

幕末、島津斉彬公が列強の進出に備えて日本を強化しなければならないと考え、反射炉を作って鉄砲や大砲を作り、紡績工場を作ったりした場所でもあります。「西郷どん」を見ている方なら、殿が一心不乱に突き進んでいた姿に心打たれたのではないでしょうか。

セットではなく、ここは本物です。そんな場面を思い出し、自分は何に突き進んでいるのか、時にはおおきな画を描くことも大事なことだと立ち返りました。いや、ほんとにいいところです。

といいながら先を急ぐ旅です。次はここから最南端の指宿・長崎鼻へ移動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA