ふらっと男のひとり旅 鹿児島3~知覧特攻平和会館を訪問する~

鹿児島の小京都、知覧へ向かったが。。。

 

仙巌園を出て、どこに行こうかと考え向かった先が「知覧」でした。

管理者試験でよく出てくる場所で、「鹿児島の小京都」と呼ばれているそうです。武家屋敷跡などもあるそうなので、歴史好きには楽しみです。

で、行ってみてびっくりしました。

武家屋敷跡なんかよりもっと見ないといけないところがあります。

 

知覧特攻平和会館に入ってみる

武家屋敷跡を見ようと駐車場を探していたときに、こちらの看板が目に入りました。

ん?

これは見に行かんとあかんやろ、と武家屋敷を後回しにしてこちらへ向かうことにしました。

第二次大戦の終戦間際、知覧には特攻隊が敵に突撃するために飛び立っていく基地があったそうです。

知覧特攻平和会館

この知覧特攻平和会館は、第二次世界大戦末期の沖縄戦において特攻という人類史上類のない作戦で、爆装した飛行機もろとも敵艦に体当たり攻撃をした陸軍特別攻撃隊員の遺品や関係資料を展示しています。

私たちは、特攻隊員や各地の戦場で戦死された多くの特攻隊員のご遺徳を静かに回顧しながら、再び戦闘機に爆弾を装着し敵の艦船に体当たりをするという命の尊さ・尊厳を無視した戦法は絶対とってはならない、また、このような悲劇を生み出す戦争も起こしてはならないという情念で、貴重な遺品や資料をご遺族の方々のご理解ご協力と、関係者の方々のご尽力によって展示しています。

 

撮影も禁止でしたし、むろん撮影するつもりもなかったのですが、何も写真がありません。

出てきてからは言葉では表現できない感情が出てきました。

そっと、後にしました。

一度、行ってみることをお勧めします。いいとか悪いではなく、日本人として知ることが大事ではないかと思いました。

 

さて、お腹も減ったのでここから指宿を目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA