ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

落ち着きがないということ

今日は長男の家庭訪問だったらしい。

担任の先生(推定50歳)が家にきて一言

「息子さんはちょっと落ち着きがないですね」

「授業中でもしょっちゅう他の子にちょっかいかけるんですよ」

「ご家庭でも何とかしてくれませんか?」

と、言われた。

別にそれを肯定するわけじゃないけど、小学校1年生の子供だって立派な人間。いろんな種類の人間がいる。落ち着きがなくて困るのは先生であって本人ではない。だから特に問題ないと思います。

それを、型にはめようとする先生にがっかりした。落ち着きがないのは別に悪いことではない。それはその人のカラーであり自己主張だ。自己主張が出来ない子供たち、大人たちばっかりの中できちんと自己主張をして自分をアピールできるのは、褒めてあげるべきポイントかもしれないよ。他の子供にちょっかい出して勉強の邪魔をしたりしてたらダメだけどな。そこはきちんと指導しよう。

うちの家庭では「嘘をつくな」「約束は守れ」「友達は大切に」と教えている。

人間、他人に迷惑をかけずに生きていればいいやん、みたいな考え方があるが、僕から言わせれば、生きているだけで、他者との関わりを持っているだけでそれは迷惑をかけているようなもんである。(もちろん、上記3つのことは守った上で、であるが)であれば、とことん、嫌がられずに可愛がられるような迷惑をどんどん掛けて、自分の思うままに人生を生きてくれたら父としては本望だと思う。

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA