ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

ニフティが会社名だけでサービスを停止

本日、ありえないミスがあった。

インターネットサービスプロバイダー最大手のニフティが、あろうことか、突然、契約しているIDを全て利用停止させた。「突然」「何の連絡もなしに」。

契約しているのは、僕の父親の会社名義で法人契約をしているIDで、いくつかIDを持ち、現場やそのほかの事業でも使用しているとても大事な契約IDだ。今まできちんと契約を履行していたのに、昨日、突然何の連絡もなくサービスを停止させた。

最初は何か具合が悪くなったのかなぁと思い(私も一応メアドはニフティのを持っているので)再起動やらやってみたのであるが、ニフティのだけアクセスが拒否されるので「おかしいなぁ」と思い、サポートセンターに電話をした。

「お客様の契約は法人契約なので、03-で始まる番号におかけ直し下さい」と言われてかけてみた。

「調べてみますので、しばらくお待ち下さい」

と言って、待たされた。ニフティは、お客がお金を払って文句を言っているのがわからんのだろうか?全くバカばっかしである。「確認が出来ました。どうやら、お客様の方から利用停止の申し込みがあったらしいです」「え?誰もそんなの出してないんですけど????」

「すいません、その書類ってのを見たいので、FAXしてくれません?」

「いえ、それは弁護士さんから止められておりまして、お見せすることが出来ません」

「はぁぁぁぁぁ???????」

そんな見たことのない、送った覚えのない利用停止の書類を突然言われて、「あなかたら言われたので停止しました。何が悪いの?」と言われても。

しばらく経過して、もう一度、こちら側からなんのアクションも起こしていないことを確認してから、ニフティに電話をした。

「もしもし、さっきの件ですが、やはりこちらからは何にも送っていないということです」

「こちらには、昨日裁判所から書類が届きまして、株式会社○○様のサービスを停止するように言われましたので、弁護士と相談のうえ停止させていただきました」

「裁判所?何にも悪いことしてないし、破産もおかげさまでしていないようですが?」

「もう一度住所とIDを教えていただけますか?こちらで再確認いたします」

そこでピン!ときた。先日、同じ名前の企業が倒産したのであった。

「あのぅ、同じ名前の会社ではないでしょうねぇ?」「先日倒産したんですよ」「きちんと停止したときに、ID確認して停止しましたか?」「住所と電話番号・ID・PWまで確認して、停止しましたか?」「IDとPWでそこのあなたの目の前にある端末たたけばわかるんちゃうん?」

だんだん、電話口の担当者の声が震えてきたのが感じ取れた。長くなりそうなので、明日に続く。これはかなり大きな問題である。

企業が勝手に契約企業のIDを停止させ、企業に損害を発生させたことは、紛れもない事実であり、私は、この事実がきちんと解決されるまで、ここに書いていきたいと思う。

実際、週末セールの会員向けメールが送付できずに困っていた従業員もいた。WEBの更新も出来ないし、取引先からの大事なメールも受け取れなかった。なぜ、こんなわけのわからないことが起こるのか?

明日、ニフティから改めて事実確認と経緯報告が行われる予定である。僕は電話に加え、書類とメールにての報告を希望している。

事実が確認され次第、ここに残しておこうと思う。

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA