ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

TUMIのトレーサープログラム

一見すごそうに見えて、実はあまりよくわからないこと

僕の普段のかばんはこれなのだが、このかばんにはトレーサープログラムというのがある。トレーサープログラムとは、一言で言えば「かばん追跡サービス」だ。

先日、tumiのWebサイトからそのプログラムの登録をしたのだが、その登録カードが昨日送られてきた。

このサービス、酔っ払ってどこかにかばんを置き忘れたとしても、そのかばんを見つけてくれるわけではなく、鞄に記載されている「トレーサーナンバー」にしたがって、どこかで見つけてくれた人がそのナンバーをフリーダイアルでtumiに連絡すると、そのナンバーにしたがって僕のところに連絡してくれる、というものだ。書いてて思ったのだが、あんまりメリットはない。(笑)

それは、警察が連絡してくれるかもしれない。誰かが僕の財布の中を見て「なんて貧乏なやつだ」と思い、同情して連絡してくれるかもしれない。(名刺と一緒に見つけれたらちょっと恥ずかしい)

なのでtumiが追跡してくれたらいいのだが、そうもいかないらしい。そのかばんにICチップが埋め込んであり、鞄をなくした場合に、その番号をコールセンターのオペレーターに知らせるだけで今どこにあるかを教えてくれる様なサービスだったらいいなぁ。将来的になにかICチップのようなものを付けて、GPSでいざという時に追えるようになってるとかそんなサービスなんかも出て来るかもしれない。

もし僕がかばんを忘れ物したら、おそらく警察か鉄道に届けるだろうし、拾った人も警察か鉄道などに届けると思う。だって、その仕組みをわかっているひとってあんまりいないような気がするから。

そう考えると、ますます意味がないような気がするんだよね。

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA