ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

この国にはなんでもある。ないのは希望だけだ

経済産業省ドリームゲートプロジェクトでお世話になった、渋井真帆さんの稼ぎ力ルネッサンスプロジェクトを読みました。

とくに難しいことを言っているわけではなく、普通のことを普通に解説してあります。かなりわかりやすいので、僕みたいな人間にも参考になる点が非常に多い。ありがとうございます。最近、この本の内容とリンクしているのが「生きる力」という考え方。

文科省の調査で、学力低下だとかゆとり教育の弊害とか、なんだか議論が訳のわからない所に行っているが、詰まるところ「生きる力の低下」なんだろう。

今までの日本ではバカなほうが重宝されたが、これからは考えないと生きていけないよ、といきなり突き放された。経営者は言うことを聞いてさえいてくれればいい従業員を欲しがったが、今は言うことだけ聞いていればダメだと言う。教育もそう。結局どうしたいのか?グランドデザインがないんだと思う。

この日本100年を描くグランドデザインをもって、その日本の将来を担う子供たちを教育していただきたいものであるが、どうもそれもダメみたいである。ということに、大人たちも気付き始めた。国に期待していても無駄だ、ということに気づき始めたのかもしれない。

村上龍著「希望の国のエクソダス」の冒頭部分で、「この国にはなんでもある。ないのは希望だけだ」という一節がある。ほんとうに、その通りになろうとしている。

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA