ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

格差社会2

昨日の日記を読み返してみて、だいじなことを書くことを忘れている。

それは、

>1)格差社会を招きかねない小泉改革に対して、
>下流階層になる可能性のあるフリーターやニート世代
>の若者が、あたかもお祭りのように熱狂し、支持していた、
>ということ。

>2)同じく、格差社会での勝ち組、といわれている
>ホリエモンやヒルズ族といわれている人たちを、
>負け組の代表であるフリーターやニート世代が圧倒的に
>指示していた(る)、ということ。

という昨日の記述から、

「今の閉塞感を打破して欲しい」という想い、もしくは(球団買収に名乗りを上げるなどで)旧体制打破した人を熱狂的に指示しているが、彼らの主張は、「格差は生じるもの、その中で例えば政府は下流階層の人たちに対しては機会平等を与えていかなければならない」というものだし、自らを上流だと認識している人たちからは、「能力に応じて富を分配する考え方はあたりまえである」ということが伺える。

それはどういうことかというと、機会平等を与えることによって、完全能力性の「結果悪平等社会」が出現する、ということである。

今までの結果平等社会から、機会平等=結果悪平等社会が出現することを、本当に彼らは望んでいるのだろうか?僕が見ている限りでは、そうは思わない。思わないというか、彼らには想像が出来ないのだと思う。

またもやオチがない文章になってしまった。
まぁいい。
だって、僕のブログなんだから。

この続きは、オチが着くまで書く(笑)

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA