ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

採用について語るときに僕が語ること

尊敬するポンタさんの日記に私信があって
ちょっと考えることがあったので駄文でも書いてみます。

最近初めて「採用」について考えることが多くなってます。
思えば、今までしっかりと「採用」について考えていなかったのかもしれませんし、「採用」に対する考えかたとか、方法、などといったことに対して今までの考え方から発展してきたのかもしれません。

採用の向こう側=就職してからの仕事の内容

にポンタさんはフォーカスしていらっしゃいます。
具体的にイメージングできるうように語りかけることは「採用担当者=会社」としては至極まっとうなことでございます。

キャリア転職も同じことですね。
しかし、なかなか就職してからのことを具体的にイメージできるように説明するのは難しいのかと思うこともあります。

企画とかマーケとか、営業とか会計、とか、ひとことで言っても会社によってすることバラバラだし文化とか対象とか違ってると今までやってたことほんとに役にたつんかいなって思ってしまい、「もう僕の想像していたのとはまったく違うんでやめさせてもらいます」みたいな感じが多いような気がします。

出来るだけ両者が分かり合えるよう、コミュニケーションの理解を深めるというのが、当面考えられる一番いい方法なんでしょうね。

※タイトルは、村上春樹著書「走るときに語ることについて僕の語ること」をリスペクトして借用させていただきました。

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA