ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

塚口さんさんタウンのお祭り 昭和なお祭りスタイル

昨日は塚口さんさんタウンのお祭りでした。

ま、長男は適当に友達とウロウロしますので、次男連れて行ってきました。
つめた~いの頂戴、って言って、氷のバケツから取り出してもらいます。スーパードライ300円。ま、こんなもんでしょう。近所のお祭りなんで。

なんかね、画像はないんですが、牛串とかホルモンとか唐揚げとかチヂミとか、まー旨かったです。

海原はるかかなたさんが漫才やってました

やっぱり夏祭りはええなー。

でもね、やっぱり人出が減ってますね。
昔と比べたら店も3分の1ぐらいに減ってしまったし、先日の爆発事故があったからか、多分そんな影響も多少はあると思います。

こういうのって地域の自治体とか共同体がやる性格のものと、民間が商売としてやるもんといろんなパターンがあると思いますが、マーケティング的にもう少し屋台の種類も色々変えてみたらどうだろうかね?

例えばね、子供には全く関係ない大人のための屋台。バルとはまた違ったやつで。地域の商店街が出すフリマ的な屋台とか、散髪しちゃたりとか。

ご高齢のかたをターゲットにしてみる、合コン的な屋台お祭りイベントとか。
ま、それは夏祭りじゃなくなるかもしれんけど、一緒にやったらええやんね。

今の昭和50年代的なお祭りを内容を変えながらやるんじゃなくて、ガラッとコンセプトを変えて、バルイベントは自店に来てもらうのが目的だから、出張で屋台というか少し大きめの店内で飲食ができるぐらいの広さにしてみたら、そこで順番に回れるから僕らも嬉しいと思うしね。

あ、僕個人的にはこういうスタイルは大好きだから、あくまで共存する方向を探るのがいいと思います。バルイベントに来るお客さんも、やはり日本的なスタイルが好きだと思うし。

どうだろうか?
地域の自治体さん、僕がプランニングしますんでお問い合せはコメントまで。

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA