ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

街的であるというのは、そこにコミュニケーションを感じられるということ。

初めてのミナミは怪しく、そしてキラキラと輝いていて、先輩に連れられて行く店は楽しかった

 

飲み食い世界一の大阪

今回紹介する本は、僕のバイブルでもある雑誌ミーツの元編集長の著書です。

1970年生まれの僕は大学に入ってすぐにポパイ的な雑誌(ホットドッグプレスとか)に手を出し、女の子をナンパし、コンパで出会いの場を求めていたのですが、ある時からミーツ的な雑誌にとって変わっていきました。

それはたぶん真剣にお付き合いしたい彼女が出来たりして、それまで男友達と飲みに行ったりサークルで遊んだりコンパ行ったりという遊び方から、「この女性とどこに行きたいか、彼女はどこに行けば喜んでくれるか」と考えるふうに変わってきた頃じゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街的であるということはどういうことか

ミーツ時代から数えると20年は読者ですし、別冊やWEBでも目にしているので、かなりのテキストを読んでいる自信はあるのですが、僕が思うにたぶん「街か街でないか」という線引きは、「システム的かどうか」なのではないかと思っています。

人間がやっている商売が「街的」であり、たとえ人がやっていようとも「セントラルキッチン」で「マニュアル」に則って進行していくのが「街的でない」と理解しています。
例えば、「あいてるお皿下げていいですか?」といちいち聞きに来る店員がいる店や、マニュアルにない事についてのリクエストはすべて断るお店などは、街的でないと言えるでしょう。

そう考えれば合点がいくし、街的なお店は楽しく、時を忘れてしまうのも理解できます。そういえば「街と寝る男(バッキーさん)」ってキャッチがありましたね。考えただけでゴキゲンで憧れます。

 

飲み食い世界一の大阪、そして神戸。なのにあなたは京都へゆくの

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA