ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

【インバウンド中国】難波・裏難波~心斎橋を歩いてみた

3月2日(火曜日)

裏難波・難波~心斎橋まで、この時期はどんな感じかということで、歩いてみました。

まず難波・千日前から地上に出てラウンドワンの角を北上すると。。。

なんか、巨大な幕というか旗というか、

Chinaと書いてあります。

で、その下ではいろんなお店に行列が。

画像クリックで大きくなりますので、大きくして法善寺の方向

を見てみてください。すごい人なのがわかります。

一蘭にも長い行列です。

この時間で19時半ぐらいでした。

だるまもご覧の通り。

道頓堀大タコの交差点のところ。

こちらもかなりの行列です。

ただ、角座の飲食店は全然でしたが。。。

 

宗右衛門町のPABLOは安定の人気ですね。



僕が一番驚いたのはここ!

牛かつもとむら 難波店です。

日本人も、中国も韓国もたくさん並んでます。



ぐるっと回ってわかったことは、戎橋~心斎橋筋(難波から心斎橋まで)はすごい人で、

お店はどこもたくさんの買い物客でいっぱい。

感覚値で70%ぐらいが外国人観光客という印象。


ただ、一本横道に入ると、観光客比率は10%ぐらいに下がります。

それも周防町から北側、清水町通りぐらいまで。それより北側は激減します。

三ツ寺、八幡筋あたりの「夜の街」には全然いません。

道頓堀は大混雑ですが、対岸の宗右衛門町には10%ぐらいに減ります。


たぶん、商店街の出店費用はとんでもない値段に

なってるんじゃないでしょうかね。


対して裏難波はガイドブック片手の若者がたくさんいます。

たぶん、中国・韓国でもこのあたりのガイドブックがあるのでしょうね。

今度中国行ったら探してみたいと思います。

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA