ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

とにかくややこしい、『責任』という存在

責任とはなにか?

いきなり難しい問いですが、今回は責任について考えてみようと思います。

Responsibility Concept

Responsibility Concept

責任に対する動詞として
持つ、負う、果たす、取る、もっとあるかな?こんな動詞があります。
どうも、責任をどうこうするってふうに使われるようです。

この、責任ってなんでしょうね?
調べてみました。
—————————————————
責任(せきにん、英: responsibility)とは、元々は何かに対して応答すること、応答する状態を意味しており、ある人の行為が本人が自由に選べる状態であり、これから起きるであろうことあるいはすでに起きたこと の原因が行為者にあると考えられる場合に、そのある人は、その行為自体や行為の結果に関して、法的な責任がある、または道徳的な責任がある、とされる。 何かが起きた時、それに対して応答、対処する義務の事。
—————————————————

「何かが起きた時、それに対して応答、対処する義務の事」

これかな。
これが前提条件で、この前提条件を受け入れた上で、私は、責任というのは『引き受けるもの』だと思います。
最終的に私が対処することを引き受けるから、この行為を行います、というもの。

起業家は全員、この感度が高いよね。

室井管理官が、「責任をとる。それが私の仕事だ。」といって最後に出てくるのが近いかなと思います。

室井

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法