ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

ビジネスで成功している人がひそかに気をつけているマナーのお話

公共でのマナーが失われている?

なんていう記事が数年前から目につきますね。

自宅と公共の区別がつきにくい、混同している人が増えている、など。

 

中国からの旅行客のマナーの悪さがメディアでクローズアップされたりしている

ようですが、実は日本人も同じようなものだと思ってます。

マナーって人によって感じ方が違うし、注意するのも難しかったりするので

あまり厳格にやっちゃうと息苦しくもなりますけどね。

でも、やはり公共の場での過ごし方というのを理解し、

その上で楽しむのが大人というものだろうと思うのです。

 

銭湯

 

公共といえば、僕の好きなもののひとつに『銭湯』があります。

銭湯は「カラダを綺麗にしに行くところ」ですので、それに対するマナーは

いくつかあります。

まずは湯船、湯船を汚さないってこと。だからかけ湯をしましょうね。

それからタオルや髪の毛を湯船に付けないように、などなど。

次は脱衣場、脱衣場も綺麗にする。その為には浴場ではキレイに拭いてから

出ましょうと。

また、お風呂は裸で過ごすところですから、危険なこともあります。

転んで怪我するかもしれないので走らない、のぼせないようにしましょう。

あとはサウナ。

サウナも基本的には同じです。汗かいたら拭く。後の人が嫌な気持ちにならないように

タオルを敷いて座る、サウナ備え付けの敷物などがあったりしますね。

 

こういうことって、別に明文化しなくてもいいんですよね。わかってれば。

っていうか、基本でしょー?

我が家は子供の頃、家のお風呂でも浴場でカラダを拭かないと出してくれませんでした。

バスマットも使ったらかける。汚れたら拭く。全て当たり前のこと。

 

僕がよく行くスポーツクラブがありまして。

そこのお風呂でのマナーが、見てたらよく分かるんです。

身体を拭かないで水滴ボトボト付けて上がってくる人、サウナで備え付けのマットを

ひかないで自分の汗も拭かないで出て行く人、汗を流さないで水風呂に入る人、

水風呂の蛇口にアタマを付けて水を浴びてる人、、、、など。

 

公共と自分の場所が理解できない人っているんだなーと。

どこでも自分のルールを適用してしまう人、勝手なルールで自分勝手に過ごす人。

反面、キレイに使う人、後の人のことを考えてるなーというのがとても見えます。

もうね、見るだけでわかるんです。

そういう人の所作はとても綺麗で、すっと入ってきてすっと出て行く。

データ的な裏付けなんてもちろんないですが、

たぶん、こういう人って仕事できるんだろうなーと思う。

逆に、勝手なルールで過ごしている人。

あー、仕事できないんだろーなーと(笑)

 

つい最近、大阪ミナミ・アメリカ村にある銭湯に行きました。

夕方5時、背中がカラフルな人もたくさんいます。

でもね、そういう人のマナーってすごく気持ちいいんですよ。

とてもキレイに使っていらっしゃる。怖いからずっと見れないけど。

仕事ができるかどうかは知らないけど、スジを通す人なんでしょうね。

職業的にも(笑)

そういえば、僕の尊敬する人はすべて(そう、全て)マナーが良い。

そして全てビジネスで成功されていらっしゃる。

 

スタートアップを語る方は、

ビジネスモデルを語る前に、まずはこういうところから気をつけて欲しいなーと思います。

 

 

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法