ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

副業新時代 私も二刀流の内容がすごい!

もはやパラレルキャリアは当たり前

私も二刀流

10月16日の日経ヴェリタスの記事 副業新時代「私も二刀流」から

 

10月16日の日経ヴェリタスの記事を読んで驚きました!

副業新時代 私も「二刀流」

ところで、パラレルキャリアという言葉を聞いたことはありますか?

NPOや他の企業も含めて、今の勤め先以外でもうひとつのキャリアをつくり、
自分のキャリアに活かすという新しいモデルのことです。

僕自身はこのパラレルキャリアについては大賛成なポジションです。
この働き方を社員に提供出来る会社が増えてきているようだ、という記事の内容です。

ただしこの考え方は、「終身雇用が前提」の上で成立する考え方です。
生涯同じ会社で働く前提があるからこそ、何種類もの企業、仕事ををパラレルで進める働き方
がその対立として成立することになります。

職業選択の(本質的な)自由化、人材の流動化がもっと進んだ社会であれば、
自分の仕事はもっと自由に選択できるはずですし、パラレルキャリアなんて呼び方も
「なにそれ?もうやってるじゃん」となってしまいます。

 

その上で。

パラレルキャリアを社員に提供できるには、ある程度、企業としての余裕もそうですし
システム化されている(仕事が役割として機能している)ことが必須です。

そうじゃないと特定の曜日を休んだり(時間的拘束から外れたり)、出来ないでしょうし。
また会社としてマネジメントを重視した働き方を推進していない場合は、裁量で仕事を
進めることが難しくなり、結果的に休めないじゃん、となります。

 

この記事には、数名のパラレルキャリアを実践している方が登場します。
すごいなと思ったのは、個人事業ではなく、大企業を数社掛け持ちされている方。

サイボウズ(副業OKで有名ですよね)さん始め、ノーリツ鋼機、スノーピークなどの企業の子会社を掛け持ちされている方がいらっしゃいます。もうびっくりしました。
なかなか、お硬い企業のイメージだと思ってたんですが、いろいろ、企業も環境も変化し始めてるんだなと感じました。

 

 

パラレルキャリアのメリット・デメリット

 

これは陰と陽、メリットも反対から見たらデメリットになるのと同じで、

自分が何を大切にしたいかによって変わります。

幾つかの経験を平行にできるということは、それだけ経験の幅が広がり、

仕事の可能性が広がります。

起業するにしても、経験出来ていることと未経験では成功の可能性が違ってきます。

 

一方、幾つかのキャリアを掛け持ちするので、一つのことにかける時間が

少なくなります。

経験は出来ますが、本業?の時間的経験値が下がります。

このように、一見して華やかに見えるパラレルキャリア的な生き方ですが、

その人が何を基準に人生を過ごしたいかによって、価値が決まります。

 

私は、3つくらいの仕事の経験があったほうが、自分の仕事の幅が広がり、

結果的にリスク分散になると思っていますので、パラレルキャリアを支持しますが

いずれにしても、選択肢が広がるというのは良いことだなぁと思っています。

良い世の中になりました。

 

 

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA