ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

専門店を駅前立地に作ることについて(メロンパン屋はどこにあればいいのか?)

専門店って駅前にあった方がいいの?人がいないところにあった方がいいの?

先日、友人と飲んでた時の話。

大阪の某地方都市の駅前に、メロンパン屋が出来たらしい。
で、そのメロンパン屋の経営があまり上手くいってないという。

友人曰く、

「そもそも、駅前にメロンパン屋を作ること自体がマーケティング的にダメだ」という。

曰く、

1)専門店は駅前に作るべきではない(専門店は駅前立地じゃなくても集客できる)
2)経営努力をしていない(チラシ配るとか)
3)お客さまのニーズを吸い上げてない

とのこと。

1)はともなく、2と3はそうかもしれない(そうじゃないかもしれない。見てないのでなんとも言えない)

でも、とにかく専門店は駅前に作ってはいけないそうだ。

まぁとにかく上手く行ってないらしいので、僕なりに考えてみた。

1)専門店であろうがなかろうが、駅前立地は良いと思う。

人がたくさん通るところは魅力的だ。ただし、それが奏功しているかどうかは別の話。
人がいるだけで買ってくれる訳はないし、賃料が高いのでビジネスモデルとプライシングはしっかり練らないといけない。

2)経営努力はするとかしないというものではない。

これはして当たり前の話。してないのならお話しにならない。
やたらめったら数うちゃ当たる的なのもお話になりませんが。。。

3)お客さまのニーズの吸い上げ

これは、メロンパンというコモディティ化したものを、土俵をずらして提供できているかということと、例えば営業時間を、出勤時間や夜間に対応出来ているかということ。

「ここだけでしか買えない、特別なメロンパン」のバリエーション、プライス、それらをトータルさせた商品としての物語を持たせられているか。

特別じゃなくてもいいけど、だったらお客さまの朝食~昼食~おやつ~夜食~デザートなど、どこに提供しようと考えているのか、それに合わせて商品を作ってるか?

結局、お客さまと向き合ってるかどうか

ちょっと簡単ですが、賃料が高いのは人通りが多いからであって、そのメリットを活用できてないなら活用すべきだし、集客施策もやれることをやらないといけない。

商品戦略もしかり。
駅前立地は関係ないんじゃないかなーと思います。

ただし、商品に物語性を持たせるのであれば、いっそのこと山奥に店を持って並ばせるぐらいにしても良いかもしれないですね。
営業時間は10時から15時まで、メロンパンは3種類しかなく、一人5個までしか買えないとか。

ありきたりな商品でメロンパン専門店にするなら、それなりの工夫が必要ですよね。

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA