ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

11月7日 シェアリングは、稼働率(回転率)を上げること

11月7日 シェアリングとかレンタルのビジネスモデル

についてちょっと考えてみた。

今から、当たり前の話をします。

シェアとかレンタルとか、飲食店も同じなんだけど、回転率を上げることで

課題が解決するってあるんじゃないかな?と思った。

 

うちの寝屋川工場も稼働率を上げると楽になるし、Airbnbも空き部屋の提供だし、

TSUTAYAのCDやDVDも稼働率を上げたら儲かる設計だし、

飲食なんかも(客席)回転率だね。

 

設備があってそれを活用することで収益を得るモデルは、

回転率を高めるために、自社のサービスを見直してみたらどうだろう?

 

Wash & Fold という家事代行サービスがあります。

https://wash-fold.com/

%e5%ae%85%e9%85%8d%e6%b4%97%e6%bf%af%e4%bb%a3%e8%a1%8c%e3%81%aewash

 

こちらのサービスは、「洗濯特化型の家事代行サービス」が謳い文句です。

洗濯物特化型なので、クリーニングなどは(一部の店舗を覗いて)やってないそうです。

基本サービスは、洗濯とふとん丸洗いサービスのみ。

袋詰めなので、ぎゅうぎゅうに詰め込んでもOKという太っ腹さ。

 

元々コインランドリーって稼働率が10%前後で、お客さんが来るのを

待ってないといけないけど、ここんちは、それを「家事代行サービス」を

謳うことによって、ネットや宅配を使って「顧客を取りに」行ったこと。

つまり、コインランドリー事業を再定義したといえます。

 

待ちから攻めへ、洗うを再定義した良い事例だと思いました。

 

 

 

 

 

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA