ドローン検定 基礎技能を最短3日で取得する方法

上海の友人の経営者の言葉

Traditional Chinese tea

 

僕の上海の友人の経営者が言っていた。

「仕事するかしないかは、まずは友だちになってから」

会ったこともない人からメールやSNSで連絡が来て「では契約書送りますのでよろしくね!」ってことはやらないと。

まずは会う。

いっしょに食事する、酒を飲む、話す。

まずはこれらの儀式(というかイベント)をやらないと一緒に仕事はできないらしい。

大きな仕事を持ちかけられても最初からはNG、

まずは小さい仕事をして、徐々に大きくなるのが理想だそうだ。

 

翻って僕はどうか?

友達になってから(友達の定義も難しいし)、とまでは言いませんが、初めての方とは関西なら会いたいですし、今はzoomやオンラインチャットなどを使えば別にどこにいてもOKですね。

この仕事はクライアントとの信頼関係が非常に重要なので、どういう人かを知らずして、お互いに進めにくいですよね。特にクライアント側は。

仕事上、クライアントのセンシティブな情報を最初に聞かなければならないし、NDA交わしたからといって済むような、そういう問題でもないんですよね。なにせ『商品開発のアウトソーシング』ですから、どんな商品をリリースするのか、それの何をうちがお手伝いするのか聞いちゃうわけですから。

そういえば、今のクライアントはみんなお友達でした。

最初からお友達だった人もいれば、徐々に友だちになって仕事をした人、いろいろ。

たぶん、今日のブログで言いたかったことはここですね。

仕事自体は(機能という意味)最終的にはなんとかなるんですが、この仕事はプロセスが(も)重要なので、そこが合う合わないでストレスにもなり得ますし、コンビニで買い物するようにはいかない職種です。

そういえば、昔はビジネスランチとかよくやってたけど、最近やってないなあ。

誰か誘って下さい(笑)

よかったらシェアお願いします

ドローン検定 基礎技能ライセンスなら

ドローン検定基礎技能を最短2日間で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA